平ヶ岳・大ハゲ沢(秋の沢集中)

トップページに戻る

2000年10月7日〜9日 L佐藤仁昭 釣秀平 大舘康一 吉田晴夫 (さがみ山友会) 

7日 天候 晴れ

コース 平ヶ岳登山口(7:00)→砂子平→(7:30)→入渓(8:20)→クロウ沢出合(10:00 幕営)

8日 天候 晴れ

コース 幕営地(7:30)→大ハゲ沢出合(7:55)→大滝下(9:30)→大滝上(10:30)→1600メートル付近の三俣(14:30 幕営)

9日 天候 曇り

コース 幕営地(6:45)→稜線(8:00)→平ヶ岳山頂(10:50)

ルポ

国道129号線で渋滞に巻き込まれてしまい、平ヶ岳登山口に着いたときは2時を過ぎていた。ワカゴイ沢へ行く松田さんと石井さんは既に着いていて、まだ入山祝いをしていた。我々は、入山祝いもしないで、早速仮眠を取り始めた。

7日

松田さん達は酒の影響でまだ眠り続けている様子なので、我々だけで出発した。

砂子平で人家の横を抜けて只見川に下りた。対岸には籠の渡しで渡った。8時20分に沢に入り、10時にクロウ沢の出合に着いた。ここで松田さん達を待つことにし、大休止に入った。

1時間くらいして松田さんと石井さんが来た。両パーティーが話し合い、今日はここで泊まることにした。

8日

7時30分に、6人一緒に出発した。8時少し前に大ハゲ沢に着き、そこで松田さん達と分かれた。

80メートルの大滝は三ピッチで抜けた。1ピッチ目が核心であり、その上はそれ程難しくない。

途中雪渓が出てきた。左側から越えた。

1600メートル付近の三俣で幕営をした。

9日

平ヶ岳への集合時間が決まっているので、余裕をみて7時前に出発した。

8時に稜線の湿原に出た。そこから、平ヶ岳を目指しての藪漕ぎになったが、ガスていたこともあり、道を間違えて迷ってしまった。地図とコンパスで現在地を確認したところ、支尾根に迷い込んでいることが判明したので、出発点まで戻り、再度平ヶ岳へ向かった。結局ここで1時間ほど時間をロスした。

山頂付近で、松田さんと石井さんに再度合流した。山頂へは11時前に着くことが出来た。

信州の山遊び