トップページに戻る

焼岳

標高2455.4m、長野県と岐阜県の県境にある活火山で北峰と南峰の2峰からなります。日本百名山の一つとして人気のある山です。登山で目指す山頂は北峰で、南峰は立ち入りが禁止されています。山頂に直径300mの火口がありますが、山腹でも噴火しています。過去に何度も噴火の記録があり、1915年の噴火では、泥流が梓川の流れをせき止めて大正池ができました。登山コースとしては、新中の湯からのコース、上高地から登るコース、岐阜県栃尾から登るコースがあります。上高地から入り中の湯に下るコースが良く利用されます。

モデルコース (日帰り 初級)

日帰り 
歩行時間 6時間10分
帝国ホテル前〜田代橋〜焼岳小屋〜中尾峠〜焼岳〜下堀出合〜(新中の湯ルート)〜中の湯温泉旅館

アクセス
公共交通機関 JR松本駅(又は、JR高山駅)→バス→帝国ホテル前
車 沢渡(又は、平湯)→バス→帝国ホテル前

登山適期 6月中旬〜10月中旬

ピックアップ写真

沢で削られる山肌

焼岳小屋

山頂直下

焼岳山頂
信州の山遊び